この記事をシェアする

ビジネスパーソンの筋トレ日記

地方で働く20代のビジネスパーソンの筋トレ(ダイエット)記録です!

会議で心がけること

こんにちは。ショーンです。

みなさんは会議で心がけていることはありますか?

今回は世間一般的に言われていることや、自分の経験談を交えながら、

「”新人が”会議で心がけること」をシェアしていきたいと思います。

 

f:id:cmshone:20190611225134j:plain

会議では「価値を出せ」

 

みなさんはなぜ会議に参加するのでしょうか?

もしそれが「会議に慣れるため」のような自分が居ても居なくても成立するような会議ならば参加しないほうがマシです。

よく聞く外資系企業でのエピソードでいうと、ある日、1時間程度の会議に参加をした新人のAさんが会議中に何も発言しなかったところ、上司から

「Aさん。もう次の会議には参加しなくていいですよ。」

と言われた。というエピソードがあります。

これは外資系の企業では顕著ですが、日系企業でも一般的な考え方になってきているのではないでしょうか?

 

つまり、会議に参加をしているのであれば何らかの「価値」を出さないといけないのです。時給で考えると1時間の会議に参加しただけで1,000円以上もあなたへの人件費がかかっているわけです。なので1時間の会議では1,000円以上の価値を出さないとあなたが会議に参加する価値はこれっぽっちもありません。

では「常に発言をすればいいのか」と言われると必ずしもそうではありません。

(僕は以前「何か発言しなくちゃ!」という思いが空回りしてしまい、トンチンカンな発言をしたことがあります笑)

大前提として「準備」は大切なのですが、準備をしても会議で繰り広げられるハイレベルな会話についていくことや、ましてや新たなアイデアを出すことなんていうのは新人の私たちには至難の技でしょう。なので最初は「書記」でもいいので何らかの価値を出してみてください。

そして意外と新人の素朴な疑問も議論を深める重要なモノになってくるので、恐れずに発言してみるといいかなと思います。

 

会議以外でも「価値」を意識する

 

「価値を出す」という意識は会議以外でも重要です。

営業にしろ、エンジニアにしろ、人事にしろ価値を出さなければお給料をもらっている意味がありません。

どんなつまならいと思っている仕事でも「価値を出す」ことを大事にしながら取り組んでみてください。

そうするときっと見えてくる世界が違ってくると思います。

 

「価値を出す」

 

僕も再認識していきたいと思います。